3つの質問に答えるだけで債務の減額方法や月々の返済額が
いくらになるかわかります。実名、住所等は必要ありません!
完全無料・匿名でご利用いただけます。24時間相談受付中☆
▽無料診断はこちら▽

完済前の過払い金返還請求について


ホームワンさんより動画お借りしました。

完済前の過払い金返還請求について法律事務所の弁護士さんに聞いてみたいと思います。

完済前、という事はどういう事ですか?

そもそも過払い金返還請求は、借金の状況によって、2つに分かれるんですね。

どういう風に分かれているのですか?

たとえば貸金業者3社からお金を借りている人がいるとします。
この3社の借金をすべて返し終わっている場合、この場合を完済後と言います。

同じように3社からお金を借りていて、全社、または1社でも返済が残っている場合、この状態を完済前と言うんですね。

完済というのは、すべて返した状態をいいますから、少しでも借金が残っている場合は完済前、という事になります。

その完済前に、過払い金を取り戻す時に気を付けるポイントってありますか?

それは、残っている借金が少ない場合と、多いお場合で変わってくるんですね。

では、借金が少ない場合について教えてください。

返済中の借金がある人が弁護士に債務整理を依頼すると、弁護士は債務整理の依頼を受けたと言う文章を貸金業者に通知することになっています。そうなると、信用情報に債務整理をしているという事が登録されるんですね、これがいわゆるブラックリストに載るという状態なんですが、こうなった場合新たに借金をすることが難しくなってしまいます。

そうなんですか、ブラックリストに乗らない場合もあるんですか?

ありますよ、残っている借り入れが少ない場合は、一度すべての会社に対して借金を完済し取引を解約します。そうすれば過払い金返還請求をしても債務整理したことが信用情報に登録されないということになっています。

そうなんですか、では借金が多く残っている場合には信用情報に登録されるんですか?

そうですね、その場合には債務整理をすれば、信用情報に登録されます。
新たに借り入れができなくなってしまったりするので注意が必要ですね。

借金が多く残っている人の場合には任意整理と言って弁護士が貸金業者と交渉して借金の減額や利息の支払いを免除してもらった上で無理のない返済計画を立て直すことが可能です。
また、高い利息で長期間借入や返済を繰り返していた人の場合には、利息を払いすぎていた可能性がありますので、払いすぎた利息が現在の借金額より多い場合には、これを回収します。

過払い金返還請求は、まず、完済前と完済後に分かれていて、完済前の場合には借金額が少ない場合と多い場合で違ってくるということですね。


完済後の過払金返還請求について


ホームワンさんより動画お借りしました。

完済後の過払金返還請求

完済後の過払金返還請求について弁護士さんに聞いてみたいと思います。
完済後ってどういうことですか?

例えば貸金業者3社からお金を借りている人がいるとします。その3社の借金を全て返し終わっている場合、この場合を、完済後と、言います。

借金を全て返し終わった後なのに払い過ぎた利息を取り戻すことができるのでしょうか?

できますよ!取引が終了してから10年以上経っていなければ過払金を取り戻せる可能性があるんです。

そうなんですか!
完済後の人が過払い金の変換請求をするときに気をつけるポイントってありますか?

完済をしたらまず取引の解約をしてください。そして過払い金の返還請求をする場合には、まず、契約の解約をしてから時間を置くようにしていただきたいですね。

どうしてですか?

信用情報って聞いたことありますか?
何社からどれくらい借金があるか、返済はきちんと行われているか、などの情報が記載されているデータベースのことなんです。クレジット機能等の解約をせずに過払い金の返還請求をすると過払い金請求をしたという情報がデータベースに登録されます。ですが解約をしてから返還請求をするとこういった情報はデータベースに登録されないんですね。

そうなんですか。
でも解約してからなぜ時間を空ける必要があるんですか?
完済し、解約したという情報がすぐにデータベースに愛されないことがあるんです。

そうなんですか。

完済、解約した時点ではなく貸金業者が信用情報に届け出をした時点で情報が反映されるんです。そのためにタイムラグが出るんですね。借金を完済したことが反映される前に過払い金の返還請求をすると、過払金返還請求をした、という情報が登録されてしまいますので、時間をあけて請求したほうが安心ですね。

そうなんですね。
データベースに完済したという登録がされた後なら返還請求をしてもその情報が登録されないんですね。

はい、完済したと言う情報が反映されていれば過払金返還請求をしてもそのことが信用情報に登録される事はありません。

よく解りました、返還請求をするときは、信用情報を確認する必要があるんですね。

そういうことです。




記事一覧

債務整理のお願いなら弁護士に相談